【超初心者さん向け2022】WordPressブログの作り方を図解入りで解説

ブログの始め方ブログの始め方

この記事に沿って最後まで作業をすると、ワードプレスサイトを「あとは記事を書くだけ」の状態まで作ることができます

ブログを始めたい!と思っても、どうやって作ればいいか全然わからない。。。と思う方も少なくありません。実は、私もそうでした。

ワードプレスって何?という超初心者からスタートしました。

ゆまこ
ゆまこ

でも、私にもできました。
手順がわかれば、ワードプレスはそんなに難しくない!

 

私がブログを作るときに、丁寧にメモした手順とノウハウをお伝えします。

ワードプレスでのブログ作りは、この記事の手順通りに進めると、どんなにネットが苦手な方でも大丈夫です。

「あとは書くだけ」のところまで持っていけます。

ぜひ、ワードプレスのブログ作りをこの記事を見ながら進めてみてください。

スポンサーリンク

WordPressとは?

ワードプレスとは、日本だけではなく、世界中で使われているウェブサイト作成ツールです。

もっと詳しい詳細は、こちらの記事を参考にしてください。
参考記事:【超初心者さん向け】WordPressって何?WordPressのメリットデメリットも解説!

ワードプレスとは何か?メリットデメリットを理解してから使えるといいですね。

WordPressブログの始め方の手順14ステップ

ワードプレスのブログの始め方は、3つの段階に分かれて、全部で14ステップあります。

第1段階:ワードプレスを導入する準備

1)Gmailアドレスの準備
2)レンタルサーバの契約
3)独自ドメイン取得
4)ドメインとサーバの紐づけ

第2段階:ワードプレスを開設する

5) ワードプレスをサーバーにインストール
6) ワードプレスのテーマを導入
7) ワードプレスとサーバーでSSLを設定する
8) プラグインを導入する

第3段階:ワードプレスサイトの内容を構築する

9)  最初に必要な大切な3つの設定
10) パーマリンク設定
11)サイトのカスタマイズ(スキン・ヘッダー)をする
12) サイトに必要な固定ページの作成
13) メニューを設定する
14) サイドバーの設定
15) 記事を書いて投稿する

では、この順番でワードプレスサイトを立ち上げていきましょう。

1)Gmailアドレスの準備

お問い合わせや、ワードプレスからの通知を受け取るGmailアドレスを準備します。

今の世の中で、サイトの運営していくには、Googleの分析ツールを使うことがほぼ必須になってきますので、Gmailアドレスを持っていると便利です。

新しくGmailアドレスを取得する方は、Googleアカウントを作成しましょう。
>> Googleアカウントを新規で作成する

2)レンタルサーバの契約

サーバーは、ブログをインターネットに表示させるために必要なもので、個人ではレンタルサーバの契約が必要です。大きな企業さんは、独自のサーバを持つこともあります。

レンタルサーバーの会社は数多く存在しますが、初心者さんには
エックスサーバー
がおすすめです。

レンタルサーバーの会社選びで迷っている方は、こちらの記事も参考にしてくださいね。

参考:【初心者さん向け】レンタルサーバーのおすすめ2つ。レンタルサーバーを徹底分析。
参考: ゆまこがレンタルサーバーを移転した正直な理由:体験談

3)独自ドメイン取得

ワードプレスの立ち上げには、独自ドメインも必要になります。
(レンタルサーバー契約の際に、独自ドメインを取得する場合は、再度の取得は不要です。)

ドメイン名の決め方の3つのポイントはこちららの記事をどうぞ
参考:WordPressドメイン名の決め方とおすすめの取得サービス

4)ドメインとサーバーの紐づけ

レンタルサーバーと独自ドメインを取得したら、ドメインとサーバーの紐づけをしていきます。

サーバの説明に従いながら紐づけを行いましょう。

5) WordPressをサーバーにインストール

紐づけができたら、ワードプレスをサーバーにインストールしていきます。

準備が必要なものは次の4つです。

① サイトのタイトル
 ⇒後で変えられます。決まっていない方はまずは思いついた名前で行きましょう。
私はまずは『ゆまこのブログ』で立ち上げました。
② ユーザー名
 ⇒Wordpressにログインするときのユーザー名です。
サイトへのログイン名になるので、セキュリティを考慮して、ブログで使う名前(サイトで使うニックネーム)と違うものを使いましょう。
③ パスワード
 ⇒Wordpressにログインするときのパスワードです。半角英数字・記号を組み合わせた文字列です。
④ メールアドレス
 ⇒  1)Gmailアドレスの準備 で準備したアドレスを使いましょう。
利用データーベースは『新規作成』を選んで、ドメイン名と同じ名前で作成することをおすすめします。将来、複数サイトを立ち上げることがあるかもしれず、そのときに見分けがつくようにしておかないと、非常に困ります。(←私、経験者です。)
例えば、このサイトはドメインが「yumako428.com」なので、 データベース名は「yumako428」にしました。

Xサーバーには「WordPress(ワードプレス)簡単インストール」という機能があって、上に書いた4つが決まって入れば、ボタンを押すだけであっという間にインストールできます。

6) WordPress のテーマを導入

次に、ワードプレスにテーマを導入します。
テーマとは、主に見た目のデザインをカスタマイズするためのテンプレートで、導入すると、見た目もガラッと変わるし、カスタマイズしやすくなります。

テーマには、有料、無料のものがたくさんありますが、このサイトでは無料テーマの『Cocoon』を使っていきます。

コクーンは無料なのに、機能がとてもたくさん搭載されていて素晴らしいテーマです。

コクーンのインストールは、こちらの記事をご覧ください。

WordPressテーマCocoonの導入方法を図解入りで分かりやすく解説
ワードプレスのテーマを導入することで、見た目を変更して簡単にカスタマイズすることができます。この記事では、ワードプレスの無料テーマ Cocoon(コクーン) のインストール方法を説明します。

7) ワードプレスとサーバーでSSLを設定する

SSLというのは、インターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組みのことで、SSLを使ったサイトは、https://で始まるアドレスになります。

SSL化(httpsで始まるアドレスに変更)しておかないと、サイトが表示されるたびに、『このサイトは危険』という警告が表示されてしまいます。
困りますね。

総務省のサイトに説明がありますのでこちらも参考に。>> SSLの仕組み - 総務省

8) プラグインを導入する

次は、プラグインを導入していきます。

プラグインとは、新しい機能を追加するソフトウェアのことです。
大元のソフトは必要最小限だけで軽くしておいて、ユーザーがその人に合うプラグイン(拡張機能)を追加して、自分のオリジナルに仕上げていけるメリットがあります。

ですが、初心者さんは何を入れたらいいのかわからない!のが本音のところ。

コクーンに必要なプラグインは、この記事を参考に入れていってくださいね。
プラグインの導入手順から、コクーンに必要なプラグインの具体的な名前を記事にしました。

Cocoonで使ったほうがいい/あると便利な/必要ないプラグイン
WordPressの無料テーマ『Cocoon』で使うプラグインを・Cocoonで使ったほうがいいプラグイン、・Cocoonにあると便利なプラグイン、・Cocoonには必要ないプラグインに分けてご紹介します。

これで、サイトの立ち上げと準備は終わりです。
次からは、自分のサイトの作りこみを行っていきましょう。

9) 最初に必要な大切な3つの設定

自分のサイトを作っていくために、最初にやっておきたい大切な3つの設定があります。

それは
・タイトル、キャッチコピー
・ユーザーニックネーム
・コメント設定(ディスカッション)
です。

すぐにできる設定なのですが、意外とやっていない方が多いので、ぜひ忘れずに設定しましょう。
>> WordPressサイトで最初に必要な大切な3つの設定

10) パーマリンク設定

パーマリンクとは、一つ一つのページのURLのこと。

パーマリンクを日本語にすると、変わらないURL。
つまり一旦公開したら、その文字の並びがその記事へのリンクになりますよ。ということです。

パーマリンクについてはこちらの記事を参考にしてください。

Wordpressのパーマリンクとは?設定のおすすめは?
パーマリンクとは、一つ一つのページのURLのことです。この記事では、ワードプレスのパーマリンクとは何か?、パーマリンクのおすすめの設定は?、実際に記事を書いた時のパーマリンク設定作業、パーマリンクの付け方のおすすめ、について詳しく説明します。

11)サイトのカスタマイズ(スキン・ヘッダー)をする

サイトの準備が整ってきたら、いよいよカスタマイズです。
楽しみですね~。

一番初めのカスタマイズにおすすめなのは2つ。
・スキン(デザインのテンプレート)の導入
・ヘッダー(サイトの一番上の画像)にオリジナル画像を入れる
です。

この二つで、サイトの印象がガラッと変わりますのでぜひお試しください。

スキン(デザインテンプレート)の使い方はこの記事を。

【Cocoon】90種類もあるスキンでサイトの見た目を一瞬で変える!
Cocoonには「スキン」と呼ばれる、一瞬で見た目を変更できるテンプレートが約90種類(2022年2月)も準備されています。この記事ではCocoonのスキンを選んでサイトに適用する方法を詳しく説明します。

ヘッダーにオリジナル画像を入れる方法はこの記事を参考にしてください。

【Cocoon】ヘッダーに自分のオリジナル画像を入れる
「自分のブログになったなぁ」ってしみじみする一番の要素は、ブログの顔になるフロントページの一番上にオリジナル画像を入れた時、です。 この記事では、このブログと同じ構成に出来る、Cocoonでヘッダー画像の大きさ、画像の設定方法を説明します。

12) サイトに必要な固定ページの作成

サイトの立ち上げをして、最初に作っておきたい固定ページが3つあります。

それは
・プライバシーポリシー
・お問い合わせ
・プロフィール
の3つ。

早速、作り方を解説しますね。
>> WordPressブログで最初に作っておいたほうがよい固定ページ

13) メニュー(サイト上下のメニュー)を設定する

次は、ワードプレスサイトの上と下にあるメニューを設定していきます。
メニューがあると、読者さんが自分の探したいものを探しやすくなりますよね。

サイトの上側のメニューは、ヘッダーメニュー(グローバルメニュー)といいます。

ヘッダーメニュー

一番下にあるメニューは、フッターメニューといいます。

フッターメニュー

ヘッダーメニューの作り方は、こちらの記事をご覧ください。
>> 【Cocoon】ヘッダー上のメニュー作成方法。丁寧な説明で迷わず設定できます。

フッターメニューは、ヘッダーメニューと同じように作り、メニューの設定で「フッターメニュー」を選びます。

フッターメニュー

14) サイドバーの設定

パソコン画面の右側(左側や両側の方もいらっしゃいます)に設定されている「サイドバー」。

PCで記事を閲覧する際に、サイドバーは記事のすぐ隣にあるので
「このサイトを運営している人はどんな人?」
「この記事にはどんなことが書かれているんだろう?」
などの情報をすぐに読者さんに確認してもらうことができます。

このサイドバーは、ブログにはとても大切な要素ですので、しっかり設定していきましょう。

サイドバーのに設定するべき項目とその設定方法はこちらの記事をどうぞ。

【Cocoon】サイドバーに表示したほうがいい項目とその設定手順を詳しく説明!
PCで記事を閲覧する際にサイドバーは記事のすぐ隣にあるので、すぐに読者さんに確認してもらうことができてとても需要です。この記事では、サイドバーにはどんなコンテンツを入れたらいいのか、サイドバーをカスタマイズする方法を説明していきます。

ここまでで、サイトの設定は完了です。

15) 記事を書いて投稿する

準備が整ったら、記事を書いていきましょう。

ブログ記事は「投稿」に書いていきます。

左のメニューの「投稿」→「新規追加」で投稿記事の編集画面が開きます。

固定ページと投稿の違い

投稿と固定ページの違いは、この記事からどうぞ。
>> 固定ページと投稿の違いと使い分け、固定ページで作るべきページは?

これでワードプレス作成作業は完了ですが、ここがサイト運営のスタートです

ワードプレスサイトの立ち上げはこれで完了です。

ここからは
・投稿を増やして内容を充実させること
・さらにサイトのカスタマイズを行って
   → 読者さんが見やすいサイトにすること
   → 自分のオリジナル色をだすこと
が大切になってきます。

楽しんでサイト運営していきましょう!

カスタマイズをもっと知りたい!という方は、こちらから。
>> Cocoonカスタマイズの記事一覧はこちらから

タイトルとURLをコピーしました