「スペーサー」で本文中の好きな場所にスペースを作る

スペーサーブロックCocoonカスタマイズ

ワードプレスで記事を書いていて

読者さん
読者さん

ここに・・もうちょっとスペースがあったら、読者さんが記事を見やすくなるのに・・・。

Enter(改段落)より、もっとスペースを空けたい!

と思うことが何度かあると思います。

例えば、吹き出しの中はスペースが詰まっていて見にくくなってしまうことがあります。
「スペーサー」ブロックを使うと

読者さん
読者さん

ここに・・もうちょっとスペースがあったら、読者さんが記事を見やすくなるのに・・・。

Shift+Enter(改段落)より、もっとスペースを空けたい!

このように、好きなところにスペースを入れることが出来ます。(上の例は極端に大きなスペースを入れました)

この記事では、「スペーサー」で本文中の好きな場所にスペースを作る方法を説明します。

スポンサーリンク

スペーサーブロックを本文中に入れる方法

スペースを空けたいところで、右側の「+」を押します。

ブロック追加

「スペーサー」と入力すると、スペーサーブロックが出てくるので、クリックします。

スペーサーブロック

すぐに「スペーサーブロック」が出てきます。
表示される画面はこんな感じ。

スペーサーブロック

初期設定は、高さ「100」になっています。
四角の枠の下側にカーソルを持っていくと、高さが調節できるようになります。

ゆまこ
ゆまこ

私は高さ「30」で使うことが多いです。

ご自分で使う高さを大体決めておくと、スペースの空き方に統一感が出ます。

使い方の事例

スペーサーブロックの使い方がイメージできないよ。という方は使い方の事例を参考にしてくださいね。

行間を広くとる

右側に、高さ60のスペーサーを入れました。

スペーサーを入れなくて、そのまま改行すると

このくらいの間隔になります。

改行+スペーサーで

間隔を自由に調整できます。

実際に見えている画面はこんな感じ。

スペーサーブロック

吹き出しの中にも使えます。

『見出しをつけるほどではないけれど、文章の流れにメリハリをつけたい』というときに活用できるブロックです。

まとめ

この記事では「ここにもうちょっとスペースがあったら、読者さんが記事を見やすくなるのに・・・」と思った時に、好きなところにスペースを入れることが出来る「スペーサーブロック」の使い方を説明しました。

『見出しをつけるほどではないけれど、文章の流れにメリハリをつけたい』というときに活用できるブロックです。

↓このボックスの中にもスペーサーブロックを使っています。

関連記事

改行が2種類あるの?と思う方はこちらの記事を。

【Cocoon】知らない人が意外と多い![shift]+[enter]とは?Wordpressの改行は2種類ある。
Cocoonだけではなく、Wordpressで記事を書くときに、必ず使う「改行」。文章を読みやすくするために、必ず使っているはず。 この、なくてはならない改行、実は種類が2つあるのです。この記事では、Wordpressの2つの改行の種類とその使い方、使い分けの方法を紹介します。

本文を横に2つに分けるのはどうやるの?と思う方はこちらの記事を。

写真を2枚3枚横に並べる「カラムブロック」
この記事では、カラムブロックを使って本文エリアで写真を横並びにする方法を紹介します。ブログ記事を作っていて、「写真を横並びに表示させたい!」「写真の横に言葉を入れたい」ときにお勧めです。

このボックスどうやって作った?と思う方はこちらの記事を。

【Cocoon】文章中にボックス(四角い囲み枠)を入れる方法とその種類と使い分け方を丁寧に解説
Cocoonには4つの使い方で合計10種類もの四角囲み枠(ボックス)が準備されています。この記事では、 Cocoonで文章中へのボックス(四角囲み枠)の入れ方と、その種類と使い分けについて説明します。
タイトルとURLをコピーしました