WordPressドメイン名の決め方 後で「やっぱり変えよう」にならないポイント

ドメインを決めるポイント

ワードプレスのサイトを作るときにはドメイン名が必要になりますが、いざ決めるとなると悩んでしまいます。
ドメイン名は『自分の名前と同じ』くらい、サイトにとっては重要なものになります。

なぜなら、ドメイン名はブログ記事を紹介するときに一番目に付くもので、サイトアドレスにそのまま記載されるものですから、覚えやすくてすぐに分かる名前にする必要があります。

私は、実は一度失敗して、再度取り直したことがあります。

その経験も紹介しながら、この記事では、ドメイン名の決め方のコツをとおすすめのドメイン取得サービスをご紹介します。

この記事に書いてあるのはこんなことだよ

ドメインとは?

まずは、ドメインとは何か?簡単に説明します。
ドメインが何で、何に使われるのか? をイメージしてからのほうがドメイン名を決めるのがスムーズにいきます。

ドメインというのは、インターネット上の「住所」のことです。
『インターネットアドレス』『URL』で思い浮かぶ、「https」から始まる文字列があります。
私のサイトの「https://yumako428.com」でいうと、「yumako428.com」がドメイン名です。

このドメインは2つの部分で成り立っています。
「.」で区切られた前と後ろで、私のサイトでは、「yumako428」と「.com」になります。
これを、それぞれ決めていく必要があります。

ドメイン名の取得は、早い者勝ちのため、自分が使いたいドメイン名を先に誰かが取得していたら使うことができません。

ドメインの文字のルール

ドメインで使える文字にはルールがあります。

※日本語も使用できますが、文字化けやブラウザとの相性がありますので、日本語は使わないことを強く推奨します。

使える文字は、「アルファベット」・「数字」・「-(ハイフン)」。
文字数は3文字以上 32文字以下。
「-(ハイフン)」 は、最初の文字、最後の文字、3文字目4文字目には使用できない。

ドメイン名を考えるときには、アルファベット・数字・ -(ハイフン) の組み合わせで、32文字以下で考えていきます

文字数は、ドメイン取得サービスによっては、33文字以上も対応しているサービスがありますので長いドメインを希望する場合は、ドメインサービスの規定を確認しましょう。

ドメイン名で失敗しないポイント3つ

では、本題です。
ドメイン(独自ドメイン)選びで失敗しないために、おさえておきたいポイントを紹介します。

ドメイン名の決め方のポイント3つ
  • 自分の名前やサイトの内容を表現する ← 【重要】
  • 覚えやすい名前にする(長すぎない、わかりやすい)
  • 「.」の後ろは、.comか.netがおすすめ

この3つを詳しく見ていきましょう。

自分の名前やサイトの内容を表現する ← 【重要】

ドメイン名を決めるときに、一番大切なことは、ご自身の名前やサイトの名前を表現して、サイトを見た方のイメージとマッチさせ、印象に残して覚えてもらうことです。

ブログの内容で名前を付ける場合、例えば、「家族でお出かけできる観光スポット」についてのブログであれば、family, kazoku, odekake, travel, holiday などが入っているとサイトのイメージがしやすくて、わかりやすいですよね。
この単語を 「-(ハイフン)」 でつなげていくのもいいですね。

自分の名前を入れる場合、実際に私のサイトは「yumako428.com」で、「ゆまこ」が発信しているのですぐに分かるということと、もう一つのサイトが「lucky428.com」のドメインのため、「428」で揃えました。「428」は四つ葉のクローバーをイメージしてつけました。

ドメイン名は早い者勝ちなので、自分が使いたいドメインが既に使われていたよ、という場合には、サイト名とご自身のお名前を組み合わせて考えてみましょう。

ワードプレスの立ち上げをするときに、発信するジャンルが決まっていない、発信するジャンルを買えるかもしれない、という方は、ご自身のお名前を使ったドメインにしたらいいですよね。

覚えやすい名前にする(長すぎない、わかりやすい)

覚えやすい名前を使っていたら、直接入力して検索してもらえる可能性も出てきます。

つまり、その逆の覚えにくい名前、例えば意味のない英数字の列や、長すぎるドメイン名やめてたほうがいいですよね。
また、意味のない英数字の列だと、どんなサイトかイメージできないため、怪しいサイトだと疑われてしまう可能性もありますね。

覚えやすくするために、省略しても意味が通じる単語はできるだけ省略するのもおすすめです。
「family」→「fam」、「barbecue」→「bbq」など意味の通じる省略ができる場合は省略してみてください。

「.」の後ろは、.comか.netがおすすめ

「.」の後ろは、たくさんの種類があるので、迷ってしまいますよね。
迷ってしまって、あまりこだわりがない場合は、「.com」「.net」は、主要ドメインでよく見かけるドメインなので、安心して使えます。

名前( 「.」 より前)にこだわる場合には、 「.」 の後ろを変えると、空いている場合もありますので探してみてください。

私は一番初めに、別のものを取得した(初年度の費用がキャンペーンでとても安かったので・・・)のですが、注意!このドメインは怪しい業者が多い!みたいなサイトを複数見つけてしまい、.comに変更しました。

まずは探してみたい方はこちらからどうぞ。
ドメイン名( 「.」 より前 )を入れると、 「.」 の後ろ の空き状況と価格が一覧ででてきて便利です。
>> ムームードメイン

ドメインを取得する方法

ドメインを取得するには、ドメイン取得サービスを使ってください。

ドメイン取得サービスにもいろいろな種類があるのですが、私がおすすめするのは「 ムームードメイン」です。

レンタルサーバーを ロリポップ! を使っているので、 ロリポップ! と紐づけが簡単な ムームードメイン にしています。

今なら、レンタルサーバーとの契約で、ドメインがずっと無料になるキャンペーンもありますので、一度見てみてください。

ロリポップ! のホームページに行って、オレンジの枠で囲ったところ、のボタンを押すと詳細が確認できます。
ドメイン無料って、素晴らしい!!!

ドメイン取得

ドメイン名の決め方のまとめ

この記事では、ドメイン名の決め方についてのポイント3つをお伝えしました。

その3つのポイントは
自分の名前やサイトの内容を表現する ← 【重要】
覚えやすい名前にする(長すぎない、わかりやすい)
「.」の後ろは、.comか.netがおすすめ
です。

ドメインは名前と同じくらい大事です。
悩みすぎずにしっかり考えていきましょう!

ゆまこはこんな人
  • 40代。子育て、仕事、家事、最近は少し介護の毎日。
  • Wordpressテーマ Cocoon、SWELLのカスタマイズが得意
  • ブログ初心者さんへのブログ発信と、カスタマイズのサポート実施中
  • 方位学を使った開運鑑定、ホロスコープ鑑定をココナラで販売中
ゆまこ

よろしくお願いします。

初心者さんが迷わずカスタマイズできる!
テーマの機能を使い倒す簡単カスタマイズを紹介しています

Cocoonカスタマイズ
SWELLカスタマイズ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事に書いてあるのはこんなことだよ
閉じる